食品の「オーガニック」の基準について

当サイトの食品の「オーガニック」の基準について

食品のオーガニックは、オーガニックのコスメ・化粧品以上に基準が厳しくなります。また、化粧品のオーガニックとは異なり、日本では一定の基準があります。

日本のオーガニック食品の基準について

日本で食品分野のうち、有機農産物・有機農産物加工食品に関して「オーガニック」または「有機」を名乗れる商品は、必ず農林水産省の有機JAS認証が必要になります。

>>>農林水産省 有機JAS認証について

また、有機農産物・有機農産加工食品以外の水産物、微細藻類酒類、はちみつなどの食品に関しては、JONAという認証もあります。有機JASでカバーされていない分野の商品については、JONA認証を参考にするといいでしょう。

>>>JONA認証について

有機JAS認証の「抜け道」と認証の有無と品質について

ところで、有機JAS認証は一定の品質を保証してくれる目安としてはありがたいのですが、認証には「抜け道」もあります。
たとえば、有機肥料として鶏糞を使う場合、その鶏の飼料までオーガニックである必要は必ずしもないので、結果としてオーガニックではない飼料を食べた鶏糞が使われる可能性もあり得るということです。

また、食品は、衣類やコスメと比べて低単価の商品であり、ただでさえ慣行農法よりも収益性が悪いオーガニック農家が認証を取ることは、コスト面で負担となるため、認証を取得していなくても無農薬栽培や有機農法のものも数多く含まれています。
この辺りは、各農家さんの誠意を信じて商品選びをしていく必要があります。

海外のオーガニック食品の基準について

 
海外のオーガニック食品の基準については、以下のサイトに詳細に書いてありますので参照させていただきます。

>>>参考サイト:オーガニックってそもそも何?食品を買う時にチェックしたい、有機認定マークの本当の意味。世界のオーガニック基準と種類。(出典:IN YOU)